ご使用の患者さま >> 通院治療について

ご使用の患者さま

通院治療について

①定期的な検査が必要です

定期的な検査は、クロザリル治療を続けるために、また、副作用を早期に発見して対処するために欠かせません。
これからは通院日に検査を行い、結果を見たうえで薬などの調整を行います。通院日には必ず来院し、検査を受けてください。予定する通院日に来院できない場合は、すぐに担当の医師または薬剤師へ相談してください。
ご自身の身を守り、退院後の生活を続けていくためにとても大切なことなので、忘れずに来院してください。

通院日当日の主なスケジュール

受付→検査(採血など)・診察→くすりの受け取り・会計

検査結果により、薬や次の通院日が変更になることがあります。
<下の図を参照してください>

  • ※検査が必要なので、クロザリルの処方だけを行うことはできません。
  • ※医療機関によって、スケジュールが若干異なる場合があります。
  • ※外出する際は、CLO CARDを持ち歩くようにしましょう。

②検査結果によって対応が異なります

白血球数、好中球数の検査結果によって、通院間隔が変更になることがあります。また、クロザリル治療を中止することもあります。

よくある質問 Q&A

Q通院日に行けない場合は、どうしたらよいですか?

A

通院先の病院スタッフへすぐに相談または連絡してください。
また、通院日当日のお約束の時間までに来院いただけなかった場合は、通院先の病院スタッフから連絡を差し上げることがあります。

Q他院(他科)を受診する場合や入院する場合に気をつけることはありますか?

A

クロザリルは、特別な配慮が必要な薬です。ほかの薬といっしょに飲むときは、特に気をつけなければなりません。他院・他科で処方されるくすりによっても白血球数や好中球数が変動することがあるためで、他院・他科への情報提供や担当の医師または薬剤師との相談が必要となります。
病気やけがなどにより、ほかの病院やほかの診療科(内科や外科など)を受診される場合は、医師・薬剤師へ治療薬をすべて伝えるようにしてください。
また、ほかの病院へ入院することになった場合は、入院先の医師にCLO CARDを提示してクロザリルを飲んでいることを伝え、通院先の病院へ連絡するようにお願いしてください。

CLO CARDの使い方

CLO CARD 表面 裏面

  1. 連絡先などを記入されたら財布などに入れ、外出時は常に持ち歩くようにしてください。
    記入の際にわからないところがあれば、通院先の病院スタッフや身近な方に記入してもらいましょう。

  2. 他院へ入院されることになった場合は、入院先の医師にCLO CARDを提示して、通院先の病院へ連絡するようにお願いしてください。
    • ※中面には入院先の医師へのメッセージや、風邪様症状時、災害発生時の対応が書かれています。

Q遠くへ引っ越すことになった場合に、クロザリル治療を続けるにはどうしたらよいですか?

A

引っ越される地域でクロザリル処方が可能な病院を確認するので、早めに通院先の病院スタッフへご相談ください。

お問い合わせ

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大