ご使用の患者さま >> クロザリル治療について

ご使用の患者さま

クロザリル治療について

「治療抵抗性」統合失調症の方は日本に約8~23万人いると推測されています

  • 日本には約77万3千人の統合失調症患者さんがいます1)
  • 統合失調症患者さんの約10~30%2)、つまり約8~23万人が「治療抵抗性」統合失調症と推測されています。

総合失調症の区分

1)厚生労働省患者調査(平成26年)

2)三國 雅彦, 他. 厚生労働科学研究費補助金障害者対策総合研究事業(精神障害分野)治療抵抗性統合失調症に対する治療戦略のためのデータベース構築に関する研究 平成24年度総括・分担研究報告書. p.2

きちんと飲んでいてもなおらない場合は、「治療抵抗性」統合失調症かもしれません

図で示した「効果がない」とは、
  • 幻聴に悩まされる
  • 自分や他人を傷つけるおそれがある
  • 引きこもって、なにもできない
など、統合失調症により引き起こされた状態が長引いている場合をさします。

「治療抵抗性」かどうか確認してみましょう

前の薬、今の薬をきちんと飲んでいることを確認し、困っている症状がある場合は、担当医師に相談してみましょう。

「治療抵抗性」統合失調症の治療には、クロザリルが使われています

  • 日本を含む世界の多くの国で(2016年8月時点で100ヵ国以上)治療抵抗性統合失調症の治療薬として承認されています。
  • 世界の多くの統合失調症治療ガイドライン(標準的な治療法)で、「治療抵抗性」統合失調症への使用が推奨されています。

「治療抵抗性」であっても改善する可能性があります

治療抵抗性統合失調症と診断された方の回復イメージ

すべての患者さんが同様の経過を示すものではありません。

クロザリル治療についてのおさらい

  • クロザリル治療は、クロザリル患者モニタリングサービス(略称:CPMS)に登録された医療機関で受けられます。
  • クロザリルには白血球が少なくなる、血糖値が上がるなどの副作用があり、それらを早期に発見し重篤化を回避するため、クロザリルを服用する患者さんもCPMSに登録します。
  • いくつかの問診や検査を行って、クロザリル治療が可能かどうか判断します。
  • クロザリル治療を行うには、詳しい説明を受けて治療に同意する必要があります。
  • クロザリル治療は、入院して開始します。
  • クロザリルの副作用の早期発見と早期対処のため、治療中は定期的な血液検査が必要です。
  • 副作用発現時には、必要に応じ病院内の他科や他の病院との連携で対処します。

 

クロザリルについての詳しい情報は下記よりご覧下さい。

お問い合わせ

文字サイズの変更

  • 小
  • 中
  • 大